Q. 日本人は約2000年前からおにぎりを食べていた。ウソ?ホント?

A.ホント

石川県で、おにぎり状の炭化した古い米の化石が出土し、いまから約2000年前の弥生時代のものであることがわかりました。おにぎりはその後、平安時代には宴のときに戦国時代には携帯食として食べられ、江戸時代には、行楽のお弁当や旅のお供として、すっかり庶民のものになりました。


地域と農業の活性化を目的に、数えて22回目の実践農業講座を2月23日(水)に開催いたします。講師には、小説「光る女」で泉鏡花文学賞を受賞された作家の小檜山博さんをお迎えします。
どなた様も、参加可能となっておりますので多くの皆様のご来場をお待ちしております。

開催日:平成23年2月23日(水)
開催時間:14:00~
開催場所:JAびえい 3階 大ホール
入  場:無料

本件に関するお問い合わせ先
美瑛町農業協同組合
営農部 Tel:0166-68-7014


1971年から毎年 米の食味試験を実施している財団法人日本穀物検定協会が2月8日、2010年産米の食味ランキングを公表しました。
このランキングは、炊飯した白飯を実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、毎年全国規模の産地品種について実施しているものです。

今回発表された2010年産米試験では、北海道産の「ななつぼし」が新潟や魚沼産のコシヒカリなどと並ぶ最上級の「特A」に初めて選ばれ、さらに作付面積が少ないことから参考品種となりましたが、期待の新品種「ゆめぴりか」も同じく「特A」を獲得いたしました。

調査対象の117銘柄のうち、5段階評価で最上位の「特A」を獲得したのは20銘柄。かつては食味に劣るとの声もありましたが、北海道産米も品質や食味向上に官民あげて取り組んできた結果の悲願達成です。

北海道産米としては他に、「ななつぼし」、「きらら397」がAランクを獲得し基準米より良好と評価されています。お求めしやすいお値段で、おいしい北海道米のご購入は、ぜひこちらでご覧ください。

※財団法人日本穀物検定協会の実施する食味試験のランクは、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価を行い、この結果を、毎年食味ランキングとして取りまとめ発表しています。


美瑛の季節をありのままに味わっていただく、カフェレストラン バーチさん。今月から、美瑛産農畜産物推進店に新たに加盟していただきました♪ 「バーチ」さんは白金温泉の麓、美瑛町美沢美生にお店を構えていらっしゃいます。レストランメニューでは、美瑛の農産物なら大体は食材として使われているようです。いまは、じゃがいもの料理とかぼちゃのおいしいスープがあるみたいですねぇ。スイート坊ちゃんかぼちゃなど季節のおやつも充実しているみたいのなので、白金温泉の近くに来られた際は、バーチさんで癒されてみてはいかがでしょうか。

カフェレストランバーチ_1

木のぬくもりがつたわってくるやさしい外観のお店


上の写真左手前の雪のドームは綺麗に作られた「かまくら」。スタッフは、なんだか子供のころを思い出しなつかしい気持ちになりました。

カフェレストランバーチ_2

大人も入れる「かまくら」


「かまくら」を正面から。


昨日お伝えしました、ホームベーカリーを使ったパン焼きのレポート続編です。
スタートボタンを押して、4時間と30分後・・・。初の焼き上げはどうなるものか!?失敗か、成功か!?画面を見る分には、ちゃんと完了しているみたい。そして、部屋中に漂うパンのいい香り~♪

bakerysiken_9

液晶には「完了」アイコンが点灯中

恐る恐る蓋を開けてみると、「おー!できてる!」。いや、当り前か。そういう機械なんだから。でも、パンケースから出したらどうなっているの?

bakerysiken_10

ぺちゃんこにならずにちゃんと膨らんでくれました

ちゃんと、全体的に膨らんでくれているし焼き上がりの色もバッチリ!(写真の撮り方が悪く、サイズ感が伝わらず・・・)

bakerysiken_11

1.5斤サイズなのでかなり大きめの仕上がりに

焼く際に下側だった面は、写真のような感じに。

bakerysiken_12

羽の当たる部分だけ穴が開きます

では、さっそく切ってみましょ~。あ、パン切り包丁がない・・・。アスペルジュから借りてこようか?いや、早く食べたいし、ま、いいいか・・・。

bakerysiken_13

カリッカリッの外側

案の定、包丁の切れなさに悪戦苦闘・・・。でも、外側のカリッカリッを無事に切ると、なかは意外と簡単に切れました!

bakerysiken_14

意外と簡単に包丁が入っていきます

あれ?あーあ、やっぱり中で変な風に切れちゃった。ここまで、順調だったのに~。次回は、ちゃんとパン切り包丁用意しよう。
でも、すっごいもちもち感!!

bakerysiken_15

外はカリッカリッ、中はもちもち!

包丁じゃ、味気なかったんで手でも割いてみました。この方が、美味しそうですよね~♪

bakerysiken_16

パサパサ感がゼロ!もちもち感で溢れてます!

総評です。
ドライイーストを使った食パンの標準コースで焼いてみて、この美味しさ!?もちろん良い意味です。すごいなぁ、ホームベーカリー。見た目に焼き色のムラもなく、膨らまない面も見当たらず、中も綺麗に気泡ができていました。外の皮はちょっと厚め&堅め。ただ、パリパリしているのでとっても食べやすいです。皮の食感が好きな人には、たまらないかもしれません。そして、中のもちもち感。う~ん、ホームベーカリーで、パン焼きにはまる方々の気持ちがわかりました!!この「ホームベーカリー」、ちょっと高価ですが彼女やお母さんへのプレゼントとしては最適かもしれません。パンと一緒に、愛も膨らむかも!?

[レシピ]
今回のパンづくりで使った材料たち、Panasonicさんの取扱説明書のレシピそのままに、美瑛産、北海道産のものに変えたものです。

「食パン」ドライイースト1.5斤 214kcal
美瑛産春よ恋強力粉 400g
北海道産バター 15g
北海道産ビート糖 24g
北海道産のスキムミルク 10g
塩 7g
水 300mL
ドライイースト 4g