昨日お伝えしました、ホームベーカリーを使ったパン焼きのレポート続編です。
スタートボタンを押して、4時間と30分後・・・。初の焼き上げはどうなるものか!?失敗か、成功か!?画面を見る分には、ちゃんと完了しているみたい。そして、部屋中に漂うパンのいい香り~♪

bakerysiken_9

液晶には「完了」アイコンが点灯中

恐る恐る蓋を開けてみると、「おー!できてる!」。いや、当り前か。そういう機械なんだから。でも、パンケースから出したらどうなっているの?

bakerysiken_10

ぺちゃんこにならずにちゃんと膨らんでくれました

ちゃんと、全体的に膨らんでくれているし焼き上がりの色もバッチリ!(写真の撮り方が悪く、サイズ感が伝わらず・・・)

bakerysiken_11

1.5斤サイズなのでかなり大きめの仕上がりに

焼く際に下側だった面は、写真のような感じに。

bakerysiken_12

羽の当たる部分だけ穴が開きます

では、さっそく切ってみましょ~。あ、パン切り包丁がない・・・。アスペルジュから借りてこようか?いや、早く食べたいし、ま、いいいか・・・。

bakerysiken_13

カリッカリッの外側

案の定、包丁の切れなさに悪戦苦闘・・・。でも、外側のカリッカリッを無事に切ると、なかは意外と簡単に切れました!

bakerysiken_14

意外と簡単に包丁が入っていきます

あれ?あーあ、やっぱり中で変な風に切れちゃった。ここまで、順調だったのに~。次回は、ちゃんとパン切り包丁用意しよう。
でも、すっごいもちもち感!!

bakerysiken_15

外はカリッカリッ、中はもちもち!

包丁じゃ、味気なかったんで手でも割いてみました。この方が、美味しそうですよね~♪

bakerysiken_16

パサパサ感がゼロ!もちもち感で溢れてます!

総評です。
ドライイーストを使った食パンの標準コースで焼いてみて、この美味しさ!?もちろん良い意味です。すごいなぁ、ホームベーカリー。見た目に焼き色のムラもなく、膨らまない面も見当たらず、中も綺麗に気泡ができていました。外の皮はちょっと厚め&堅め。ただ、パリパリしているのでとっても食べやすいです。皮の食感が好きな人には、たまらないかもしれません。そして、中のもちもち感。う~ん、ホームベーカリーで、パン焼きにはまる方々の気持ちがわかりました!!この「ホームベーカリー」、ちょっと高価ですが彼女やお母さんへのプレゼントとしては最適かもしれません。パンと一緒に、愛も膨らむかも!?

[レシピ]
今回のパンづくりで使った材料たち、Panasonicさんの取扱説明書のレシピそのままに、美瑛産、北海道産のものに変えたものです。

「食パン」ドライイースト1.5斤 214kcal
美瑛産春よ恋強力粉 400g
北海道産バター 15g
北海道産ビート糖 24g
北海道産のスキムミルク 10g
塩 7g
水 300mL
ドライイースト 4g