2月25日(日)、当町水沢地区のファームレストラン千代田横で「美瑛の雪上絵フェスティバル」が開かれ、150名以上の参加者が集まりました。

このフェスティバルは、美瑛の雪上絵フェスティバル実行委員会の主催で、今回で4回目の開催。
描かれたのは、美瑛の丘と青い池が色鮮やかな縦90m、横110mの巨大な雪上絵と、震災の一日も早い復興を願った「絆」の文字。
塗料は環境にやさしく、融雪剤や卵の殻が原料の粉末状の絵の具が使われました。

当日は、風もなく天候にも恵まれ、まさに雪上絵日和♪♪
参加者は塗料を手に取ると、慣れた手つきで順調に作業を進め、美瑛の大地に巨大な雪上絵が完成しました。
また、会場には、子ども達が好きなキャラクターの絵を描けるミニ雪上絵コーナーもあり、家族や友達同士で楽しそうに雪上絵を描いていました。

色ごとに分担して作業にかかる

ボクが描くのは大好きなアンパンマン♪♪

ミニ雪上絵も力作ぞろい\(^o^)/

完成!協同の力で作った「雪上絵と絆」


2月16日(木)、報徳社の第23回実践農業講座と、婦人団体連絡協議会の女性のつどいが合同で行われました。
講師は、サッカー元日本女子代表の高倉麻子さん。
この日は、報徳社員と婦連協をはじめ、JA組合員、NOSAI、青年部、女性部、フレッシュミセス会、一般の方と合計86名が参加。

先に、DVDを使って高倉麻子さんの経歴を紹介。
高倉さんは「継続力~続けることでみえてくること」と題して、女子サッカーとともに歩んできた自分の人生をもとに講演を行いました。

高倉さんは、10歳の頃からサッカーを始め、環境に恵まれなかった時代はあったものの、女子サッカーとともに成長し、ついには、日本女子サッカー史上初となるアトランタオリンピックに出場。その後、2004年(36歳)で引退するも、女性では3人目となる日本のサッカー指導者S級ライセンスを取得。現在はU-17女子代表コーチとして、次世代の若い力を育てているそうです。

今後のなでしこジャパンの活躍にも期待が持てますね!
高倉麻子さんには、素晴らしい講演をありがとうございました。

講演を聴きに多くの方が参加

「継続力~続けることでみえてくること」と題し、講演を行う高倉氏

DVDで高倉氏のサッカー人生を振り返る


地域と農業の活性化を目的に、数えて23回目の実践農業講座を2月16日(木)に開催いたします。
講師には、なでしこジャパン澤選手が「尊敬する先輩の1人」女子サッカーの草分け的な存在の、サッカー女子元日本代表の高倉麻子さんをお迎えします。
どなた様も、参加可能となっておりますので、多くの皆様のご来場をお待ちしております。

開催日:平成24年2月16日(木)
開催時間:午後2時
開催場所:JAびえい 3階 大ホール
テーマ:「継続力~続けることでみえてくること」
入 場:無料

本件に関するお問い合わせ先
美瑛町農業協同組合
営農部 Tel:0166-68-7014


育苗センターでは、本日(2月15日)から、生産者へのトマトの苗の引き渡しが始まりました。

生産者は苗を持ち帰ると、鉢上げがスタート。
元気に生長した苗をトレーから抜き取り、培土の入ったポットへ1本ずつ、根鉢が崩れないよう丁寧に植え替えていきます。
鉢上げ後は、かん水や温度管理を徹底し、約1カ月後の定植に備えます。

育苗センターでのトマト苗の引き渡しは、6月15日まで都度行われる予定となっています。

トレーのなかで元気に生長!

段ボールに入れて慎重に手渡される苗

広いおうちへお引越し♪ 1本1本丁寧に植えかえ


フレッシュミセス会では、2月7日(火)、第4回定期総会を大ホールで開催。
会員25名が出席し、議長には、水口美由紀さん(北台支部)と熊谷優子さん(美馬牛支部)を選出。平成23年度の事業報告や役員改選など5議案が提出され、全議案が原案通り承認されました。
平成24年度の新会長には、美沢支部の橋本奈歩さんが選ばれたほか、3名の役員が選任されました。

総会終了後は、ウォーキングスタイリストの鈴木美千代氏によるウォーキング講習。正しい立ち方や歩き方、気になる部分のシェイプアップなどを教わりました。
参加者は、普段とは違う歩き方に戸惑うも、講師の楽しいトークに笑顔の絶えない講習会となりました。

事業報告など5議案が提出される

背筋を伸ばして、ひねりを入れて~♪

腹筋がプルプル。 き、効くぅ~~!