本日(3月22日)、約5ヵ月の眠りから雪ムロ越冬馬鈴しょが目覚めた!

昨年の11月1日に雪ムロに入れられた、特別栽培の男爵いも6トンが掘り出されました。
自然の倉庫(雪ムロ)でじっくり寝かせた馬鈴しょは、甘くて濃厚な味に熟成♪

掘り出された馬鈴しょは、4月上旬からの販売を予定。
詳しくは、美瑛選果までお問い合わせください。
(美瑛選果TEL 0166-92-4400)

甘くて美味しい雪ムロ越冬馬鈴しょを、みなさんも是非、味わってみてください(^o^)
販売されるのが待ち遠しいですね!!

また、この掘り出し作業をNHKが取材にきました!!
その模様は、
3月22日(木)、18時10分からの「ネットワークニュース北海道」のなかで、
18時30分頃に放送される予定となっています。
お楽しみに!!

雪ムロの中から、フレコンに入ったイモが掘り出される

眠りから目覚めた越冬馬鈴薯

雪ムロについてNHKからの取材♪

さっそく蒸かしました。美味しそう(^o^)


営農部では、3月15日(木)、積雪を測るため、
46ヶ所の定点で雪の深さを調査。

結果、な、なんと・・・・
昨年より平均で30cm以上も多い87.2cmという数字が出ました!!
深いところでは、1m以上の場所もあったようですよ。
たしかに、降りましたよねぇ~。雪かきが大変でした(>_<) 融雪期の予想は、4月13日(昨年は4月7日)。 早く、暖かくなってほしいですね♪ [caption id="attachment_2071" align="aligncenter" width="440" caption="定点46ヶ所で積雪を調査"][/caption]


とまと生産部会では、3月14日、促成トマトの生育を確認するため、
生育調査を実施。
30戸の栽培農家を、藤岡部会長をはじめ、部会員10名が4班体制でまわり、
サンプル苗を収集。

調査対象は、2月15日~3月10日までに手渡された促成の苗で、ECやペーハー、茎径、草丈などを調べます。
苗の生育は、当初、日照不足により遅れていたが、天候の回復とともに平年並で推移しているとのこと。
しかし、定植予定圃場の乾きが悪く、今後も低温予報が出ているため、生産者は定植に向けた準備に余念がない。

なお、定植は、3月12日から始まっており、気温の推移を見ながら作業が進められています。

各戸をまわり、促成トマト苗の生育を調査


平成24年3月6日(火)~3月7日(水)に東京国際フォーラム展示ホールで開催される「第6回JAグループ国産農畜産物商談会」に当JAが出展をします。

この商談会は、北海道から沖縄まで全国各地のJAグループや関係団体・生産者等が、地域の米や野菜、畜産物、加工品など、特色あふれる農畜産物を出展して、実需者や市場関係者らに紹介するというもの。
当JAからは、当町産の農畜産物を原料にしたフリーズドライやレトルトなどの加工品、冷凍野菜をはじめ、米や豆、野菜などをご紹介いたします。

会場では、販売にも役立つ各種セミナーも同時開催されますので、ぜひ会場へ足をお運びください。

《第6回JAグループ国産農畜産物商談会》
開催日時:平成24年3月6日(火) 10時~17時
             3月7日(水) 10時~16時
開催場所:東京国際フォーラム展示ホール
     (東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)
主  催:JA全農、JAバンク、JA全中
後  援:農林水産省

※商談会会場は、当日来場登録制となっております。

来場のお申し込みやお問い合わせなど、詳しくは「国産農畜産物商談会」のホームページをご覧ください。

http://www.exhibitiontech.com/ja/